PR

ビットコインETF 承認 ! ビットコイン新時代が幕開け 米SECが公式発表

アフィリエイト広告を利用しています

Bitcoin ETF 仮想通貨
スポンサーリンク

現物型ビットコインETF(上場投資信託)が日本時間で2024年1月11日、米証券取引委員会(SEC)によって正式に上場承認されました

ETFによって莫大な資金が流れ込んできます。「仮想通貨は税金が高い」「手数料が高い」「信頼度が問題」という理由で今まで仮想通貨に避けてきた投資家たちも相当数いるはずです。「ETFなら株扱いなので税金問題もクリアでき、仮想通貨の取引手数料が高いことも、信頼度の不安もETFなら間に挟んでくれるので安心して投資できる」ということで、控えていた投資家や大口たちの資金がどっと流入してくることが予想されます。

BITPOINT

「広告」 ↑の画像をクリックすると公式サイトへリンクします

ビットコインETFが公式に承認されました

公式発表によると、米証取委員会は以下の19b-4申請を承認し、現物型ビットコインETFが各証券取引所に上場し取引されることを可能にするルール変更を承認しました。

  • ARK 21シェアーズ
  • インベスコ・ギャラクシー
  • ヴァンエック
  • ウィズダムツリー
  • フィデリティ
  • ヴァルキリー
  • ブラックロック
  • グレイスケール
  • ビットワイズ
  • ハッシュデックス
  • フランクリン・テンプルトン
SEC decision approving applicants for Bitcoin ETFs. Source: U.S. SEC

ビットコインETFに正式に承認された銘柄

今回、各証券取引所に承認された銘柄は以下の通り。

ニューヨーク証券取引所

  • グレイスケールビットコイントラスト
  • ビットワイズビットコインETF
  • ハッシュデックスビットコインETF  

NASDAQ (ナスダック)

  • iShares ビットコイントラスト
  • ヴァルキリービットコインファンド

CBOE(シカゴオプション取引所)BZX取引所

  • ARK 21 シェアーズビットコインファンド
  • インヴェスコギャラクシービットコインファンド
  • ヴァンエックビットコイントラスト
  • ウィズダムツリービットコイントラスト
  • フィデリティワイズオリジンビットコインファンド
  • フランクリンビットコインETF

ビットコインは記事執筆時点で46,000ドル付近を推移しています。

今回の承認により、個人投資家及び金融機関は直接ビットコインを購入したり、自己保管することなくビットコインを原資産とする株式をETFとして投資できるようになります。

ビットコインETFが承認されると何が起こるのか

ビットコインETFが承認されるということは、ETFにするにあたりたくさんの資金を使ってビットコインを買い漁る必要が出てきます。それによってとてつもなく大量の資金が動くということになり、巨大なマーケットが誕生したことになります。

例えば、株の場合、グロース市場からプライム市場へ、むかしでいうと、マザーズ市場から東証ー部へ鞍替えすると、それに伴って、いろいろなETFも買い付けるので、とてつもなく資金が流動的になります。「金(Gold)」の時もそうです。金がコモディティ資産として単独で流通していたものが、初めてETFとして承認されたときは、それまでの流通価格から一気に10倍に跳ね上がったとされています。金の時ですら10倍です。ビットコインの場合はどうでしょう?少なく見積もっても想像するだけワクワクしてきます。またこの後、ビットコイン以外にもイーサリアムやらなんやらETFが承認されてくることも予想されています。そこまで踏まえて考えると、今回の仮想通貨がETFとして承認されたことは、とてもとても重要な日、それこそ、歴史的にも重要な日として記念すべき「2024/1/11」となりました。

取引開始初年度に流入が見込まれる資金は数兆円規模ともいわれています。

また、個人投資家もそうですが、金融機関や年金基金等巨額マネーの流入が見込まれていることも考えると「特大級の好材料」として、みんなが注目しています。

ビットコインETFの承認は、仮想通貨をより広く一般社会に普及させる契機となるビッグイベントで、かねてからの仮想通貨保持者や業界の待望でした。

承認までにかかった時間は実に10年。2013年にウィンクルボス兄弟がビットコイントラストの設立を申請して以来、米SECは潜在的な市場操作や詐欺の懸念を理由に、現物型ビットコインETFの申請を一貫して拒否していました。

転機は、2023年8月。米の仮想通貨投資運用ファンドのグレイスケールが現物型ビットコインETFの否決に関する裁判で証取委員会に勝訴しました。

また、仮想通貨を証券として規制したい米SECと、商品として規制したい米商品先物委員会の間での権力争いがあったことも、米SECによるビットコインETFの承認を後押ししたとも言われています。

一方、分散型とプライバシーを重んじる古くからのビットコイン愛好家の中にはETF承認を冷ややかに見る人もいます。

仮想通貨投資会社プリミティブ・ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan(ドビー・ワン)氏は、今回のETF承認に先立ち、米SECのXアカウントがハッキングされたことに言及しています。

とはいえビットコインETFが承認されたことで、仮想通貨は歴史的に次のステージへ踏み出したとても重要な記念日となりました。

これからさらに巨大化することが想定される仮想通貨マーケット。さらに2024〜2025の半減期にかけての上昇期待から仮想通貨マーケットへの流入者もどんどん増えていくことでしょう。仮想通貨をこれから入門しようとしたい人を対象に「これだけは気をつけたい」重要注意2点を次の記事で紹介していますので、よろしければ併せてご覧ください。

パパさんBlog

関連記事

左の画像はリンクボタンになっていて、クリックすると公式サイトへリンクします。
左画像を踏んでから条件を満たしていただけると特別な特典があります。

BITPOINT

タイトルとURLをコピーしました