PR

【光回線】選び方の完全ガイド!最適な選択をするために必要な着目点

アフィリエイト広告を利用しています

フレッツ光 光回線
スポンサーリンク

光回線って何を選べばいいの?
たくさんありすぎて、むずかしいイメージの光回線。

結局どれを選べばいいの?と迷ってしまう方は多いのではないでしょうか。
なんだかわからない状態だと、ネット上にあふれる光回線人気ランキングとかキャッシュバックに目が行きがちです。

光回線の選び方について解説していきます。

まず重要なのは提供エリア検索。

光回線は電柱などを利用して、宅内まで配線を引き込みますが、
引き込みをできる会社は限られていて、大きく3つに分類されます。

1: NTT系

NTT系は、主に2つの提供事業者から卸してもらいます。

  ①  NTT日本「コラボ光
  ②  NTT西日本「フレッツ光

プロバイダーと回線を一体提供する光回線をいいます。
これを提供する事業者を「コラボ事業者」といいます。

提供元は、

  ・大手携帯会社
  ・老舗プロバイダー
  ・あまり聞きなれない会社…  など、とにかくたくさんのコラボ光回線が存在します。

光回線

2: 電力系

お住まいで利用できる電力会社が提供するインターネットサービス。

東京電力、関西電力など

3: CATV系

ケーブルTVの地域ごとにケーブルTV会社が提供するインターネットサービス。

光回線

例外 2社

こちらの2社は例外

  ① NURO光  …NTT系の派生
  ② auひかり  …独立系。(NTT系+電力系)の双方の派生的な位置づけ。

光回線

光回線サービスで提供エリア検索方法

検索の方法は、それぞれのホームページで提供エリアを検索します。

光提携エリア検索図

❶ 特に注意!集合住宅マンションの場合の注意点

このとき、特に注意したいのが集合住宅マンション

例えば、「NTT系のみ」とか「ケーブルテレビ系のみ」など、オーナー管理会社の方針や設備状況により制約がある場合があります。オーナー管理会社に確認をしましょう。

集合住宅の設備の場合、特に「配線」に注意してください。

❷ 光回線サービスは大きく2つに分類できます。どちらに当てはまるでしょうか

  ① 自宅内に設置する機器まですべて光回線の場合。光配線方式といいます。
  ② 自宅の外までは光回線で、自宅内に延びる物理的な線が光回線以外という場合。

②の場合は宅内工事が必要になります。
選べるようなら、より品質が安定する光配線方式を選ぶことをお勧めします。

賃貸の場合は、オーナーの許可が必要になるので管理会社などへ確認してみましょう。

ケーブルTVの場合、宅内が同軸ケーブルとなっているのが基本です。
ケーブルTVの選択は、宅内への光配線が無理だった場合の選択肢になろうかと思います。
また、ケーブルTVにすると⚪︎HKにも間接的に開通が知らされるので、その辺りを気にされる方は注意が必要です。

逆に気にされない方にとっては、ケーブルTVの回線はとても安定していて回線への不安がなく抜群の安定感があるので、とても大きなメリットと言えます。

❸ ご自身の設備状況を確認することで、選択肢が絞られます

提供エリアの検索、そして光配線がご自宅内の壁まで来ているのかを確認することによって、自動的に選択肢が絞られてきます。

この設備条件を満たすものの中から最適なものを選びます。

提供エリアの検索が終わり、候補のサービスを絞ったら、いよいよ最大通信速度に注目します。

❹ 最大通信速度に注目   基本は「1ギガBPS」以上を選びましょう

設置する設備状況の中から利用可能な通信速度を選びます。
可能な限り1ギガBPS(1GBPS)以上を選びましょう。

設置先の配線や設備状況次第では、悪環境で1ギガBPSが選べない状況下もあるかとは思います。万一、そのような残念な状況下の場合は、その状況下でできるだけ最大通信速度がとれる回線を選びましょう。速度が早いに越したことはありません。

ここ最近は、大抵の場合は1ギガBPS(1GBPS)は取れるはずです。だんだんと主流が10ギガになりそうになっています。なるべく早い回線を選んでおいた方が、後々のことも考えていい結果につながります。

まとめ

以上が、光回線を選ぶにあたっての流れになります。自分の環境がどうなっているのかによって、選択できる範囲が変わってきますので、上記の分岐をもとに選択したら間違いのない選択ができるはずです。

次の記事では、上記までの分岐をもとに、具体的にどこの業者がいいのか、いま旬のお勧め業者を「毎月の支払い」に着目して、月額の支払いが安いものに重点を置いた目線で詳しくまとめ解説してみましたので、ぜひご覧ください。

端的にいうと、

1番のおすすめは、『GMOとくとくBB光』です。

マンションの場合、「毎月月額3,430円(税抜)」税込にすると3,773円です。
「もともとの毎月の請求金額が安い」ことが理由で選ばさせていただきました。

Wi-fiルーターも無料でレンタルできます!

何といっても毎月の請求額がダントツ安い!しかもずっと定額です。

他のサービスは、最初の何ヶ月だけ安くて後から4,500から5,500円の通常定額へ戻るパターンがほとんどですが、『GMOとくとくBB光』は、初めから「毎月月額3,430円(税抜)」税込にすると3,773円です(マンションの場合)。

なので、独断と偏見で1位にさせていただきました。

管理人も実際にココを使っています。

とても安定していて、速度も速いので満足なので本当にお勧めです。

1ギガの高速コース10ギガの超高速コースがありますので予算とお好みに合わせてご検討なさってみてはいかがでしょうか。

下の画像を踏んでいただいた方の限定で、特別キャッシュバックなどの特典がつきますので是非ご利用ください。

また、下の広告は特にお勧めな業者を厳選して貼ってみました。

それぞれ画像をクリックするとそれぞれ直接公式サイトへ移動できます。

さらに、下の画像をクリックして踏んでいただき条件を満たすと、ここの記事だけの特別な特典ここだけの特別なキャッシュバックがございますので是非受け取ってください。

詳細については、上記の関連お勧め記事をご覧ください。

「広告」 画像をクリックすると公式サイトへ

どれにしたらいいのか迷ってしまうなら、下の記事を参照に選択してみてはいかがでしょうか。

おすすめのWi-Fi6Eルーター

おすすめのWi-Fi6Eルーターは、こちらの記事で詳しくまとめていますのでぜひご覧ください。

今年になって「Wi-Fi6」の次のバージョンである「Wi-Fi6E」が主流になりつつあります。

詳しい違いと対応ルーターを解説しています。

動画を見ているときのカクカク途切れが気になる方は特に一度ご覧になってください。

パパさんBlog

タイトルとURLをコピーしました