PR

【FX入門】通貨ペアは「ドル円」で固定! その理由

アフィリエイト広告を利用しています

為替イメージ FX入門
スポンサーリンク

【入門】初めての通貨ペアはまず「ドル円」で固定! その理由

スキャルピングOK 公認の2社

ワンコインから取引できる4社

レバレッジを利用して大きく稼ぐならDMM FX

低スプレッドに加えて「取引応援ポイントサービス」を利用すれば、更なるコスト減!
取引する度にポイントがもらえて、一定のポイントが貯まるとキャッシュバックできます。さらに、取引量に応じて最大3倍までポイントが溜まりやすくなります。
取引量が多ければ多いほど得をする見逃せないサービスです

DMM FX

DMMFXの取引ツールはブラウザタイプのツール「DMMFX PLUS」。
取引に必要な機能と情報が集約されていて、フルカスタマイズ可能。
自身の表示したい情報・ツールをアレンジ、オリジナルの取引画面をつくることができ、プロのトレーダーが好むスタイルの高機能な取引ツールです。
初心者でもデフォルトの画面設定があるので、取引設定に慣れていなくても大丈夫。
注文画面も短期売買に便利な仕様になっており、スキャルピングトレーダーもサクサク取引できること間違いなしです!
チャートはテクニカル指標が20種類を搭載され、チャートからの注文ができるなど便利な機能が多数あります。

チャートツールとしては「プレミアチャート」が人気!29種類と豊富なテクニカル指標を搭載し、もちろんパラメーター設定も可能。
トレンドラインなどの描写ツールも充実しており、通貨や指数、商品との比較チャートもあります。
ボタン一つで1、4、6画面に簡単に分割することができるのは便利。
FXだけでなくCFDを取り扱っているDMMFXなら、日経平均やNYダウ・原油などのCFDのチャートを見れます。
こちらは、誰でも簡単に使えるように説明コンテンツがあるので、初心者でも直ぐに使いこなせるようになりますよ!

通貨ペアの表記

通貨ペアには「主軸通貨」と「決済通貨」の二種類があります。
ドル円で取引する場合「主軸通貨のドル」を「決済通貨の円」で購入するという仕組みになります。

ドル円(USD/JPY)を購入する場合

USD ドル(主軸通貨)をJPY 日本円(決済通貨)で購入する

通貨ペアの表記順は「世界基準」で決められて、主軸通貨が先、続いて決済通貨の順に表記されます。

ドルストレートとクロス円の違い

基軸通貨にドルが絡む通貨ペアをドルストレート、決済通貨に円が絡む通貨ペアのことをクロス円と呼びます。つまりドル円はドルストレートの一つです。

古くは英ポンドが世界の基軸通貨(世界の決済基準となる通貨)でしたが、現在では米ドルが世界の基軸通貨で流動性が高く値動きの分析がしやすいので勝ちやすいです。また日本円と取引した場合は「ドルストレート」となるので、初心者でも勝率が高くなります。

まず「ドル円」で取引を始めて通貨の動きの基本を学んでみましょう!

クロス円の仕組み(基軸通貨のドルを挟んだ取引)

「日本円」が、ドル以外の通貨とペアを組んだ場合を「クロス円」といいます。

「クロス円」は、日本円と他国通貨の間に「基軸通貨のドル」を挟んで取引が行われるため「クロス円」と呼ばれています。

英ポンド(GBP)と日本円(JPY)で取引をする場合

日本円(JPY) ⇔ 米ドル(USD) ⇔ 英ポンド(GBP)

英ポンドと円の通貨ペア「ポンド円」(GBP/JPY)を取引した場合、英ポンドと日本円は直接取引が行われず、「米ドル」が二つの通貨を橋渡します。

クロス円は「2つの通貨ペア」ではなく「3つの通貨」を介して取引が行われるため「予測が立てにくい」というデメリットがあります。

例えば「ポンド円」の取引をする際、「ポンドドル」の動きだけでなく「ドル円」の動きをも合わせて予測する必要があります。

「ポンドドル」「ドル円」が同じ方向に動いている時は「ポンド円」も同じ方向に動きますが、
「ポンドドル」「ドル円」が違う方向に動いた時の「ポンド円」は厄介です。

初心者には分析が難しい=勝ちずらいので、慣れないうちは素直に「ドル円」にしておきましょう。

FXでは「スワップポイント」でも利益を狙うことができます。

スワップポイントは外貨預金よりも手数料が安く「資産運用をするのにピッタリな方法」として、投資家の間で人気があります。

ただ「金利が高い通貨」を狙い、マイナーな通貨ペアに手を出すのはオススメしません。
なぜなら、マイナーな通貨に手を出すと「クロス円」ペアとなるので値動きが予測しにくくなります。また「知らない国の通貨」は値動きの分析がしにくいため、初心者向きではありません。

需要が少ない通貨 = 「取引が成立しない」流動性リスクがあります

需要が少ない通貨は、売買したい時に「取引が成立しない」流動性リスクがあります。

売買したいときに、注文できないというのは「損失」が出やすくなります。

流動性リスクが少ないのは、ドルやユーロ、日本円、ポンドなど先進国の通貨です。
先進国の通貨は取引量が多いため、流動性リスクに左右されません。

それでも、リーマンショック時のように大きな値動きを伴う相場急変時には、売りと買いのスプレッドが極端に開くことがあります。

日本でも人気の高い「オーストラリアドル」は、意外にもマイナーとされる北欧の通貨よりもさらに流動性が低いので注意が必要です。

世の中の流れ(ファンダメンタル)>週足>日足>時間足>分足 トレンドを掴む

政治情勢不安に注意 世界情勢に耳を立てておく 重要指標もチェック (ファンダメンタル)

一点だけ「注意したい」ポイントがあります。それは、アメリカの政情不安です。

ドルストレートは、今後の予測が立てやすいのですが、一旦政情不安が持ち上がると、ドルの動きは大幅に変動するので注意が必要です。

特にアメリカは「バイデン政権」後から、政治・経済ともに先行きの見えにくい状況が続いています。また「地政学リスク」(テロの脅威や紛争の勃発など)にも注意を払わなければなりません。早めに情報を察知し「正確に行動」を行えば、ドル円で失敗する確率は低くなります。「正確に行動」を行うには、偏った情報、偏向報道を見抜き、真実に目を向けなければなりません。とってもこれは簡単です。グローバリスト側の広報であるCNNやそこから情報を仕入れている日本のマスコミなど左側の報道も客観的に捉えつつ、ネットなどに溢れている右側の情報も収集し、一つ一つの情報を点としてとらえ、自分で矛盾を考えながら点と点を結んでいったら線で繋がり真実が見えてきます。だいたい、真実を隠したい側、知られると困る側は、きちんと返答しません。陰謀論のせいにしたりネットの情報は嘘だのとエビデンスなしパターンかダンマリ霧隠れパターンは要注意です。

地政学リスクの他にも、「重要指標」の要人発言にも要注意です。(ファンダメンタル)

重要指標は、各証券会社やネット、YouTubeでも情報が出ていますので必ず発表時間などチェックが必要です。重要度が低いときは無風のこともありますが、大半は大きく値動きします。秒で1円2円動くときもあります。指標の時は、一旦全ポジション外し、指標は指標で別のお祭りイベントとして考えましょう。普段とはロットを落とし、損切りセットをしたままだと瞬間で大きく値が動いて瞬間で狩られるので、一旦損切りセットも外し、秒スキャしてみましょう。動いた方に乗り、止まったら利確です。とんがりコーンからの全戻し貫通からの逆とんがりコーンもあるので「思ってたことと違う動きをしたら即切り」ましょう。

ドルの場合は、たいてい21:30か22:30あたりが多いですが毎回チェックしてください。知らずに入ると危険です。そして指標は、トレンドを大きく変える起点になることもしばしばあるので必ずチェックは怠らないでください。

大局の流れをざっくり掴んだら、週足から下位足へ落とし込んでいく

週足から下位足へ落とし込んでいく「フラクタル理論」と「マルチタイムフレーム」の考え方

フラクタル理論」については、「だいたいこんな考え方なのか」という程度のざっくり理解で全然okです。フラクタル理論でよく出てくる例で、「三角形のどこを切り取っても三角形」の説明で使われる図。

フラクタル図

フラクタル理論を簡単にまとめると「1つの形状はそれを細分化しても同じ形状が見られる」ということです。

フラクタル理論02

この考えを踏まえて、マルチタイムフレーム時間論の考え方につながります。

マルチタイムフレーム」は、数年という大きな時間の中に1日の時間(日足)があり、その中に4時間足、15分足、5分足、1分足、板など秒間隔で動くリアルタイムなものがあって、全部が連動しています。

4時間足のチャートの中に小さな15分足のチャートが詰まっています。さらにその中に小さな5分足チャートが詰まっています。4時間足が上昇トレンドだったとしたら、15分足が仮にその時は下降トレンドであっても上位足の4時間足の大きな上昇トレンドに持っていかれて、上昇になっていくことになります。この考え方がマルチタイムフレーム・フラクタル理論の考え方です。

「木を見て森を見る」「森を見て木もみる」という考え方にも繋がってくるのがマルチタイムフレームの考え方です。

大きい流れにそって順張りしている中での小さな子動きをどう見るかということです。大きな流れに逆らうなということにも繋がります。

トレンドを掴むための基礎的な考え方なので肝に銘じておきましょう。

フラクタル理論についてはこの程度で十二分です。学者的にもっと細かく語っているものがとても多いですが、ざっくり真意を掴んでおけばそれでOKです。

必要なテクニカル手法 2つ! 実はこれだけで十二分です

トレードで勝つための手法はとてもたくさんありますが、「再現性のある手法」となると実は限られています。実は下記の2つの理論だけで十二分です。

  • ダウ理論
  • フラクタル理論

相場は難しく考えず、この2つの理論だけで正直、十二分です。

その上で「エリオット波動」に従ってチャネルラインWトップ/ボトム 三尊/逆三尊に引けばOKです。ざっくりでしたが、テクニカルはこれで十二分です。

フラクタル理論については先ほど説明いたしましたが、ダウ理論とエリオット波動については次回説明します。

「広告」 画像をクリックすると公式サイトへ

パパさんBlog

関連記事

タイトルとURLをコピーしました