PR

【FX入門】ロット(Lot)とは?計算式や適正ロット数の決め方【初心者】

アフィリエイト広告を利用しています

為替イメージ FX入門
スポンサーリンク

1.FXのロットとは?

「広告」 画像をクリックすると公式サイトへ

FXのロット = 取引数量

FXはロット数を調整することで、取引数量を上げたり下げたりします。

  • ロットを上げると収益もあがる反面、損失も大きくなる可能性があります。(リスク大)
  • ロットを下げると収益も下がり、損失も小さくなります。(リスク小)

リスクとは

FXや金融投資での「リスク」とは、一般的に言う「危険」や「危険性」という意味とは少し違い、「不確実性」のことを指します。

ロットを大きくした場合は、収益と損益の差、つまり「不確実性」の振れ幅が大きくなるので「リスクが高い」、逆にロットが小さいと「リスクが低い」と言います。

ロットのイメージ

FXロットの説明

上図では「数量が1.00」と表示されており、これを「1Lot」と呼びます。

例えば2Lot、3Lotと取引数量を上げれば、その分リスクの高い取引になります。

つまり、収益と損失の差の不確実性の振れ幅が大きくなると言うことです。

FXの単位にロットが使われるようになった理由

昔はインターネットが普及しておらず、店頭取引が基本でした。発注をするにも電話や紙で行う時代でした。

FXは1,000通貨や10,000通貨など、ある程度まとまった金額で1回の取引を行います。この1,000通貨や10,000通貨をまとめたものが、ロットです。

例えばロットを使わなかった場合、「100,000通貨分の買い」や「300,000通貨分の売り」と注文を出します。取引数量が多くなるほど桁数も上がるため、発注ミスに繋がりやすくなります。

ロットの活用で取引単位をまとめることにより、「10Lotでの買い」や「100Lotでの売り」など桁数を抑え、発注ミスを防ぎやすくなるのです。

このように「単位をまとめることで発注ミスを防ぎやすくする」ことが、ロットの使われるようになった理由の一つと言えるでしょう。

2.FXのロットの計算式

1ロットを取引するのに必要な証拠金は、以下の計算式で求められます。

  • 必要証拠金=現在の為替レート×ロット数(1通貨や1,000通貨など)÷レバレッジ(25倍)

例えば現在の為替レートが1ドル100円と仮定すると、

1ロット=1,000通貨の場合、「100×1,000÷25=4,000」

つまり4,000円が必要証拠金となります。

ロットとレバレッジの違い

ロット = 取引数量

レバレッジ=倍率

レバレッジは、少ない証拠金でも大きな取引ができる仕組みのことです。

初心者の方が「レバレッジはどのように設定するの?」という質問がありますが、これは根本的に間違っています。

レバレッジは、設定するものではなくロットで調整します。

  • レバレッジ=現在の為替レート×取引数量÷証拠金

例えば現在の為替レートが1ドル100円、証拠金は1万円、取引数量は1,000通貨と仮定します。「100×1,000÷10,000=10」となり、レバレッジは10倍と求められます。

仮に取引数量が2,000通貨の場合、レバレッジは20倍となります。

このようにロットを調整することで、レバレッジの倍率が変動します。

3.FXのロット数の目安や決め方

「広告」 画像をクリックすると公式サイトへ

ロット数の目安

ロット数の目安を求める計算式は、以下の通りです。

  • 1ロット(1,000通貨)=証拠金÷現在の為替レート×レバレッジ÷1,000通貨

例えば現在の為替レートが1ドル=100円、証拠金1万円、レバレッジ1倍と仮定します。「10,000÷100×1倍÷1,000=0.1」となり、0.1ロットの取引が可能です。

上記計算を元に、以下の表で各証拠金に対し目安となるロット数をまとめました。

表1/ロット数とレバレッジの目安

証拠金レバレッジ1レバレッジ5レバレッジ10レバレッジ25
10万円1ロット5ロット10ロット25ロット
30万円3ロット15ロット30ロット75ロット
50万円5ロット25ロット50ロット125ロット
100万円10ロット50ロット100ロット250ロット

※1ドル=100円、1ロット=1,000通貨の場合で計算

ロット数の決め方

仮に証拠金が1万円であれば、0.5ロット~1ロットが目安と言えます。用意する証拠金や通貨単位によってロット数は変わりますので、ロット数を決める際はぜひ上記の表や計算式をご参考ください。

初心者の方で、取引したての場合、レバレッジに対しての不安感があると思います。

なので、最初はレバレッジ5倍~10倍程度を目安にすると精神的にも安心かと思います。

少し取引して慣れてきたら25倍へ変更したらいいかと思います。なぜなら、手もと資金が少なくて済むからです。

レバレッジ1倍で1ロットだと10万円必要になりますが、

レバレッジ25倍で1ロットであれば1/25の4,000で円で済みます。

マーケットの感覚がまだ慣れていない初めのうちは、最小ロットでなるべく損失ダメージが小さくなるように資金設定していきましょう。

4.FXのロットとpipsの関係性

「広告」 画像をクリックすると公式サイトへ

「1ロット(1,000通貨の場合)は1pips動くといくらの損益になる?」という疑問をお持ちの方も多いと思います。

1pipsの損益計算は、以下の通りです。

  • 損益=獲得したpips数(1pips=0.01円)×取引数量

例えば1ロット(1,000通貨)で100pips値幅を獲得したと仮定します。

「(100×0.01)×1,000=1,000」となり、1,000円の利益です。

獲得したpips数の損益一覧


1,000通貨10,000通貨
1pips10円100円
10pips100円1,000円
100pips1,000円10,000円

5.最小取引数量

最小取引数量は、証券会社によって異なってきます。

取引したての初心者さんは、なるべく最小単位でできる証券会社を選択すべきでしょう。

基本的には10,000通貨のところが多いですが、中には1,000通貨から取引できる証券会社があるのでまずは1,000通貨からできるところで慣らしていきましょう。

1ロット=100,000通貨の場合、1ロットで取引を行う際は、約400,000円(1ドル100円計算)を用意する必要になります。もちろん、為替相場が上下すれば必要証拠金も上下します。

0.1ロットから取引できる証券会社で最小取引数量が10,000通貨からであれば、0.1ロット(約40,000円)からの取引が可能です。

最小取引数量が1,000通貨からであれば、0.01ロット(約4,000円)からの取引が可能です。

まとめ

FX取引の基本であるロット(Lot)について詳しく解説してきました。
資金管理に絡むことはとても重要なので、しっかり頭に叩き込みましょう。

取引の基礎を学んだら、100円から取引できる松井証券や1000通貨から取引できるFX業者の公式サイトで実践しましょう。

1,000通貨から扱える業者については、下記の記事で特集しています。

「広告」 画像をクリックすると公式サイトへ

パパさんBlog

関連記事

タイトルとURLをコピーしました